スポンサードリンク

2008年11月23日

ギラギラ 第6話 あらすじ 感想

(ギラギラ 第6話 あらすじ)妻子がいる事を隠していた公平(佐々木蔵之介)のうそに傷つき 店を辞めた秀吉(佐藤智仁)が ホストの墓場と言われる店で働いてる事がわかった。公平(佐々木蔵之介)と翔児(三浦翔平)はその店に行き秀吉(佐藤智仁)を連れ戻そうとする。その店は客と寝る枕ホストの溜り場で店の代表サキエルは 自分の店の客・通称 姫(西原亜希)を公平の接客で満足させたら秀吉を返すと挑発する。 リンクにやってきた姫(西原亜希)はお金をばらまき 靴を舐めろなどの散々の悪態をつき店を出て行く。公平(佐々木蔵之介)は姫(西原亜希)に「あなたはお金を使えば使うほど自分が傷ついていたんですね。あなたはお金が憎いんですね。是非もう一度リンクに来てください。心を癒すには高いボトルはいりませんよ。」と語りかける。公平(佐々木蔵之介)の温かい言葉に姫(西原亜希)も心を開く。そのやり取りを見ていた秀吉(佐藤智仁)はリンクに戻る事を決意する。 
posted by マーボ at 10:12| Comment(0) | ギラギラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。